バナー

医療系の仕事 歯科医師

最近は、不景気の時代を経ているので、長く続けられる専門的な仕事が人気です。

特に医療系の仕事は、理系の人たちには人気があり、中でも医学部は多くの高校生が目指している進路になります。

医学部を目指しても、レベルがかなり高いためにそこまでに達することができないので、妥協案として歯学部や薬学部に進むという場合もあるのです。

歯学部に進学をすると将来は歯科医師になることになるでしょう。

歯学部というのは6年制であり、専門的な学習をしていくことになります。



国公立の歯学部であれば、それほど学費も高くないのですが、難易度も高くなります。
東京医科歯科大学をはじめとして、北大や東北大などはかなり難しいといえましょう。

それに対して、私立の歯学部では国公立ほどではないレベルなので、受験はしやすいといえましょう。

私立は科目も絞ることができるのです。

しかし、私立の歯学部では学費が高額になってしまうので、かなり工面するのに苦労することでしょう。
6年間で3千万円くらいはかかるのです。



歯学部に入り、順調に6年間で卒業できるとしても、国家試験を受けることになります。


それに合格できれば、1年間の研修医生活に入ります。

しっかりとしたnanapiといえばこちらのサイトです。

それが終わると歯科医師として勤めることができ、自分の専門で仕事をしていくことになります。

医療系の仕事の中でも、人の健康にかかわる仕事であり、社会的にも貢献度の高い仕事であるといえましょう。


ですから、歯科医師になるというのはそれなりによいものなのです。