バナー

ブリッジとインプラント、それぞれのメリットとは

欠損した歯を補う治療として、代表的なものが「ブリッジ」と「インプラント」です。


どちらも歯が無くなった部分を補うことができる治療法ですが、そのメリットはそれぞれ異なっています。



まず、ブリッジとは、欠損した歯の両側にある健康な歯を使用して、間に人工の歯を補う方法です。



見た目にもそれほど違和感がなく、入れ歯のように取り外してメンテナンスをすることもありません。

安定性も高く、しっかりと咀嚼できるようになります。


また、人工歯部分にセラミックなどを使用すると、審美性にも優れた仕上がりになり、自然な見た目にすることが可能です。
インプラント治療は、欠損した部分に人工歯根を埋め込む方法です。一本ずつ埋め込んで行きますので、ブリッジとは違い、健康な歯に負担をかける必要がありません。

また、咀嚼については、ブリッジ以上に安定しているといわれており、本物の歯と遜色ない噛み心地が再現できるといわれています。

人口歯部分にはセラミックの他にジルコニアなども使用できるため、優れた審美性のある治療方法です。


ブリッジはインプラントと比較すると「噛み心地・審美性」などではやや劣りますが、治療期間については、インプラントよりも短く済むという利点があります。

エキサイトニュースの情報はここで調べよう。

インプラントは外科手術を伴うため、治療期間がそれなりに長くかかりますが、審美性や丈夫さについては、とても優れた治療方法です。


それぞれに違ったメリットがあり、どちらの治療が向いているかは、症状によっても異なってくるでしょう。