バナー

内科の種類を把握して受診する

内科と一口に言っても多くの専門内科があります。


大きく一般内科というくくりでいえば、軽いけがや病気にかかった場合に患者さんが最初に受診する診療科のことを言います。

エキサイトニュースが今、話題になっています。

けがや病気の原因を明確にし、判断したうえでその患者さんに最も適切な医療を受けさせるための診察を行う、原因がはっきりしないときや、その他の多くの疾患でかかる医療の場所です。


一般的には手術などは行わず、手術以外の治療を行っていただけます。



投薬や医療器具による治療、患者さんに対して生活の改善や指導を行います。



風邪、腹痛、頭痛、怪我、受診頻度の高い病気やけがはまずは一般内科の医者が治療、お薬の処方などをしますが、もしもそこで思わぬ原因がきっかけであるということがわかった場合、他の診療科での診察を受けるべきなので、専門内科に紹介するという大きな役割も持っています。細かく分けますと、その病院病院で異なってきますが、一般的には循環器、消火器、呼吸器、神経、血液、、腎臓、内分泌など数多くの専門に分かれています。

専門性が高いため、その専門性が高い疾患の患者さんは専門の治療を受けるためそれぞれ科での受診が大切です。このように、一般と専門とは大きく科の種類が変わってきます。

総合して一度受診するのが一般、そこから原因次第で各部位、専門の科に受診をすることで、自分が今どんな病気になっているのかを詳しく知ることができ、さらに知識の高い専門の科での治療によりより早く原因を知ることができます。